こんにちは。

主婦のつくしです。

今回紹介するマンガは、「マトリズム」です。

薬物というテーマで麻薬取締捜査官と捜査対象者の心情や葛藤を描く超リアルなマンガです!

薬物を取り締まる人間と薬物を使う人間の双方の視点で物語は進んでいきます。

このマンガには薬物による恐ろしさ、そして薬物は誰も幸せにならない!ということが生々しく表現されています。

 

気になってしまう方は読んでみてください。

「U-NEXT」というサイトなら、今ならで600ポイントプレゼントが貰えるため無料で読むことができます

31日間無料トライアル実施中なので無料期間中に辞めれば月額料金もかかりません。

U-NEXTで「マトリズム」を無料で読む⇒

 

「マトリズム」のネタバレ

1話目で登場するのは大学生の三沢小宇宙(みさわこすも)。彼は大麻の売人だったのです。彼自身は大麻を使用してはいませんが、彼女の恵梨香は彼が売人であるという事実を知っているのです

麻薬取締官、通称「マトリ」の草壁と冴貴の二人は小宇宙が大麻を密売しているというタレコミから家宅捜索するのです。

しかし、逮捕以上に小宇宙にとって衝撃的だったのが情報提供者が彼女の恵梨香だったのです。

恵梨香は小宇宙が大麻を売っているの知り興味を持ってとうとう薬物を使ってしまいました。

そんな恵梨香の衝撃の言葉とは…

「マトリズム」の感想

1話目に登場する大学生の小宇宙は、小遣い稼ぎのような感覚で大麻を売っています。

幼いころの家庭環境も影響しているのですが、薬物を売るというのも大変な犯罪です。

そして、彼にも彼女にも大きな不幸が待っていたのです。

 

薬物ではだれも幸せになれない…

多くの不幸を産んでしまう…

 

それがリアルに描かれているマンガです

 

「マトリズム」を無料で読める方法を紹介

「U-NEXT」というサイトなら、今ならで600ポイントプレゼントが貰えるため無料で読むことができます

31日間無料トライアル実施中なので無料期間中に辞めれば月額料金もかかりません

しかも、映画やドラマも見放題です!

U-NEXTで「マトリズム」を無料で読む⇒

 

 

1979